株式会社リバース

誰もが人間らしく、エキサイティングに働ける社会へ

株式会社リバース
代表取締役 有本英晃

設立 2017年8月
事業内容 ●RPAツールの開発、設計、販売事業
VISION 誰もが人間らしく、エキサイティングに働ける社会へ
代表 1987年兵庫県生まれ。同志社大学卒。
大手生命保険会社勤務を経て2014年株式会社ワンスター入社。
2017年株式会社リバースを創業。

Top Interview

「大手生命保険会社での「安定」を捨てた。」

新卒で入社した会社をなぜ、辞めたのですか?

大学を卒業し、大手生命保険会社に入社。企業保険部門の本部部署に配属され、企業保険部門の販売計画の策定や業績管理といった業務を担当しました。企業の中枢となる部署で、会社員としてはとても恵まれた環境でしたが、ずっとこの会社に勤めるつもりはありませんでした。いつかは起業して、自分の会社を作りたいという気持ちを、ずっと持ち続けていたからです。

父は銀行員でしたが、私が小学生のときに独立し、建築関係の会社を立ち上げました。苦労も多いようでしたが、銀行員をやっていた時より人生を楽しんでいるように見えました。いつかは起業したいという思いを抱いたのには父の影響が大きいかもしれません。

寄らば大樹の陰、ではなく、自分が大樹になる?

父のように、何もないところから自分で企業をつくりたい。ならば、小さくて勢いのあるベンチャー企業で、企業経営の論理を学ぼう。社員の起業を応援する会社なら、なおさらありがたい。そう考えて、FSGのワンスターに入社しました。入社面接時にも、「3年後に起業したい」と伝えていました。

FSG入社後何年で起業したのですか?

ワンスターに入社してからも、上司には一貫して3年で起業すると伝え続けていましたが、具体的な事業アイデアを考えたり、その準備をすることはしませんでした。とにかくワンスターで結果を出す、成長することに集中しました。ノーアイデアのまま、期限として設定した3年が経ち、上層部から「そろそろ起業するんだろう?」と促されました。「もちろん起業します。事業はこれから考えます。」という状況です。

では、何を扱うのか。どうせやるなら社会的な課題を解決する事業がしたいと思っていたときに、RPAに出会い、「これだ!」とひらめきました。急いで情報収集し、リバースを立ち上げました。ちょうど30歳になっていましたが、FSGの中では、一番若い起業家となりました。
自己資本は60%。残りの40%はワンスターが出資してくれ、運転資金のサポートもしてもらっています。

「中堅企業にRPAを使ってもらいたいから。」

ところで「RPA」とは?

ロボットによる業務自動化のこと。AIや「機械学習」といった技術を用いて、主にバックオフィスにおける事務系の業務の代行を担います。リバースでは、このソフトウェアを主に中小・ベンチャー企業向けに販売しています。ワンスターで培ったWEBマーケティングのノウハウ等、様々な面で業務の効率化を図りたい企業に確実に届ける手立てを講じています。こうした仕組みづくりには、グループ企業の情報収集力やノウハウを利用させてもらっています。

クライアントはどのような企業が多いですか?

大手ではなく、中小・ベンチャー企業に特化しています。RPAを労働力の代替と捉えたときに、もっとも労働力が足りていないのは中小企業だからです。もちろん大手企業への導入と比べると、1社あたりの導入台数が少なくなるため、より多くの企業様を開拓する必要がありますが、ニーズは高いと感じています。

「FSGに入社してから、ずっとハッピー。」

どんな時に人生の幸せを感じますか?

FSGに入ってから、ずっと、すごくハッピーですよ。ワンスター入社当時は、新しいことを次々に吸収でき、毎日が非常に新鮮でした。企業を動かす仕組みも学ばせていただきましたし、意欲にあふれた先輩たちに大きな刺激も与えていただきました。

そして、起業をしてからはすべてが自分の裁量、自分の責任なので、大きなやりがいと緊張感をもって働くことが出来ています。出会う人や経験の質も変化して、これまで以上に自分の成長スピードも急速に上がっているのを感じます。

利益を追求して会社を大きくするのがミッションですか?

まだまだテストマーケティングの域を出ていないような事業ですが、近いうちには何らかの形でスタッフを雇用し、事業の拡大を図りたいと思っています。

一方で、お金がもうかればなんでもいいわけではないので、まずはきちんとお客様と我々がWinWinになる事業モデルを構築することを追求して行きます。その結果、企業力がついてくると信じたいですね。

Business Overview

RPAツールの開発、設計、販売事業

中小・ベンチャー企業に特化したRPA『オフィスロボ』の導入・運用支援

企業サイトを見る