株式会社ヘルスター

出島トンボロを日本一の健康創造集団にする

株式会社ヘルスター
CEO 林田真明

設立 2014年1月
事業内容 総合商社『出島トンボロ』の運営
VISION 出島トンボロを日本一の健康創造集団にする
代表 1986年 長崎県島原半島生まれ
2005年 長崎県立島原高等学校卒
2009年 九州産業大学卒
2009年 株式会社ファインドスター新卒入社
2014年 合同会社ほうき星を創業
2016年 株式会社ヘルスターに商号変更

Top Interview

「未来の健康を創造する会社になる」

2014年に現ヘルスターの前身である「ほうき星」と言う会社を設立していますね。

ファインドスターに在籍していた頃は、通販事業に対する広告代理店事業で顧客支援をしていました。しかし、広告だけで顧客支援をするのではなく、メーカーとして発信する通販の実務そのものの力をつけたいと考え、独立しました。退職して間もない頃は預金もなく、FSGから資本提携をしてもらう予定もなかったので、株式会社ではなく、合同会社で法人格を立ち上げ、とにかく事業のきっかけを作ろうと考えました。それがほうき星です。

まずは経験と資金を得ようと、事業主側の仕事を掛け持ち、丁稚奉公していました。実際受電業務も経験し、ユーザーの受注の最前線で働きました。当時は時間的にも体力的にも厳しかったですが、この経験が、ユーザー心理の把握、受注のしくみづくりなどに非常に役立っています。裸一貫で出た身なので、正直、リスクの塊でしたが、創業者はリスクに強制的に遭遇してこそ、圧倒的にリスクヘッジが上手くなっていくことを実感しました。

また、この間、預金をして自己資本を作り、もっと社会にインパクトを出せる事業にするために資本政策と仲間づくりを行い、2016年に株式会社ヘルスターに商号変更しました。自己資金は70%です。FSGに20%保有いただき、残りの5%ずつはヘルスケア事業に強い2社に協力してもらいました。資本政策を一工夫できることも、経営の醍醐味だと感じています。

「ヘルスター」と言う社名の由来を教えてください。

正直、元気いっぱいを皆にシェアできたらという雰囲気でつけました。イメージしていただきたいのですが、健康的で元気な人を見ると、何故かこっちも元気になったりしますよね。私達も誰かにとってそんな存在でありたい、という想いを込めています。

ヘルスターは全国の希少素材を取扱う総合商社ですね。

総合商社『出島トンボロ』を運営しています。出島トンボロとは、出島(新たな価値や文化の発信源)と トンボロ(島と島を繋ぐ自然現象)の意味を掛け合わせたものです。未だ認知されていない素材や技術に光を当て、ここで生まれる新たな価値と豊かな生活を繋ぐ活動をしています。

ヘルスターは、全国の希少素材の可能性をヘルスターの事業活動を通して強みを引き出し世の中に繋げることを取り組んでいます。

「悩みに寄り添う、買う幸せも提供する。」

どんな商品を開発しましたか?

今後、出島トンボロのロゴの米俵に込めた想いのように、皆さんをワクワクさせられるようなコンテンツを世の中に提供していきます。

また、コールセンター業務の経験から、コールセンターの対応がきめ細かいことが、このデジタル化が進む世のなかにおいて、購買に大きな影響を与えることも実感しています。そこで、コールセンターで、悩みの相談にのりながら、商品をきちんと説明できる体制はもちろん、情報提供の質をあげるために時流に合わせて情報の質もアップデートしています。

販売の仕方にもひと工夫しています。お客様にとって定期的に商品をご購入いただく機会は貴重な機会なので、続けていただけるように、商品をお送りする都度、小さなプレゼントをつけています。初めてでなく2回目、3回目の買い物を楽しんで頂けるような機会を、スタッフと厳選しています。お客様想像力という言葉があるように通信販売はお会いできない分、届いた時の喜びだったりの施策を意識しています。

「働く人の個性を生かし、遠くを目指す。」

ものづくりと同時に、ひとづくりも大事にしていると聞きました。

企業は人ありきです。まず、スタッフの個性の強みを活かそうと努力しています。人は十人十色。その人の色をさまざまな角度から探します。本人の強みを見つけたら一専多能の考え方で強みを深掘り、集中させます。ひとつのことに成功体験を持てば、いつの間にか、他のことも少しずつできるようになってきます。そして、だれにでもある弱みは、スタッフ全員で補完し合おうと話しています。そうやって、自分の色を見つけて、色を濃くしていく中で、お互い協力し合えば、不思議なことにみんなと遠くに進めている気がします。

どのような会社にしていきたいですか?

本拠地を故郷九州に移転して、20代を駆け抜けた東京で学んだことを活かしながら事業構築して雇用を生んでいきます。今後の働き方としては、東京に一極集中する必要はあまりないと考えています。働く場所にこだわらず、働く人達の価値を最大限に発揮でき、自己実現のきっかけになる会社になれるように、Iターン、Uターン、リモートワークなど、さまざまな働き方を積極的に受け入れる会社にしていきたいですね。

20代の5年間を色濃く過ごしたFSGとは、どのような存在ですか?

特に新卒入社時に、起業願望はなかったのですが、働く中で起業するきっかけをもらいました。5年間の中で一緒に働いた上司は、現在では不思議な事に皆さんグループ内外で会社経営をやられています。結果論かもしれないですが、とても良い出会いをさせていただいたと感謝しています。何もわからない東京で生活して、初めての社会人経験で、本当にたくさんのことを教わりました。恩は一生利息で返していくという言葉があるように、出来が悪かった後輩としては社会への経営活動を通して活躍していくことが先輩方への一番の恩返しになると考えて、日々成長していきます。

Business Overview

総合商社『出島トンボロ』の運営

企業サイトを見る